読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

H-NEWS!

心理学を使った自己啓発や最新のトレンドニュースをお届けします。

仕事の疲れ明日に残さなず成功を手に入れる方法3選


スポンサードリンク

仕事がしんどい。仕事が疲れる・・・などなど思う方が結構いらっしゃるのではないでしょうか?

そういう仕事で疲れないための方法を3つのお題を中心に説明したいと思います。

本日は最初のお題について説明したいと思います。

 

 

 

f:id:chikundayo777:20160415131826j:plain

 

 

1.どういうことで仕事が疲れのか

 

人間はどんな仕事に対して、疲れを感じると思いますか??

 

実は人間はやり残した仕事、やらなかった仕事に対して疲れを感じるのです。

 

それが、寝る前に思い出したりして眠りを浅くして、余計に疲れるのです。

 

つまり、仕事をしても疲れないためには仕事をやり切ることです。

 

学生であれば、勉強をやり切ることです。

 

でも実際、仕事をやり切るのは難しい。

 

まあ人間ですから・・・

 

そこでオススメのやり方があります。


スポンサードリンク
 

 

特に上司に仕事の内容を指示され、自分のペースが乱れる方にオススメです

 

それは

今日ここまでやったらOK!という目標を決めることです。

 

それを3つ書いてください!!

 

本当は朝に書いた方がいいですが、明日のために夜のうちに書いても大丈夫です。

 

それを必ず、自分の手で紙に書いてください。

 

内容はなんでもいいですが漠然としたものより、数値化できるもの、客観的にクリアしたと感じる内容がいいでしょう。

 

そして、その3つクリアしたらあとの仕事はボーナスと考えることが大事です。

 

そうすることでいきなり上司から仕事を突きつけられても。自分の目標を持つことで疲れが減ります。

 

そして、寝る前にその紙を見てから寝るようにしましょう。

 

そうすることで、達成感を感じ、深く眠ることができます。

 

また、その紙は捨てずに透明のビーンなどに保存しましょう!

 

そうすることで紙がどんどん貯まり、やる気がどんどん出てきます。

 

以上でなぜ仕事が疲れるのか?そして、それの解決方法のご紹介でした。

 

生きていく上で様々な心配事が出できます。

 

お金の問題だったり、育児の問題であったり、受験であったり、

 

しかし、そういう心配事を貯めることで脳のワーキングメモリーをいっぱいにして、

目の前の大事なものが見えなくなり再び不安になるという悪い無限ループに陥ることになります。

 

次回の記事は心配事をリセットする方法について説明したいと思います。

仕事の疲れ明日に残さなず成功を手に入れる方法3選(その2) - H-NEWS!


スポンサードリンク
 
広告を非表示にする