H-NEWS!

心理学を使った自己啓発や最新のトレンドニュースをお届けします。

脂肪では太らないよ?間違いだらけのダイエットは禁物!


スポンサードリンク

みなさん太る原因は何だと思いますか?

 

油?タンパク質?

 

おそらくほとんどの方は油だと認識されてる方が多いのではないでしょうか

 

確かに油は太ります。でもその原因は糖質を取っているからです。

 

 

は?え?何言ってんの??

 

説明します。

 

 

みなさんは三大栄養素をご存知でしょうか?

 

そうです。

 

炭水化物、タンパク質、そして脂質です。

 

これらを体に入れると一番最初に消費されるのは炭水化物です。

 

炭水化物が分解され糖に変わりそれがまず肝臓に運ばれます。

 

肝臓が吸収仕切れない糖は血液中に入ります。

 

これで血糖値が、グンとあがるわけです。

 

人間は血糖値高いままだと危険です。なのでそれを下げるためにインスリンというホルモンが出ます。

 

このインスリンが最近は肥満ホルモンと呼ばれ血糖値を下げるために血液中の糖を脂肪に変えて細胞に蓄える訳です。←太る原因

もちろん糖質と脂肪をいっぱい摂ると糖質も脂肪もそのまま体に蓄えるわけです。

 

では糖質を摂らない場合どうなるでしょう。

 

そうです、摂取した脂肪はそのまま運動量により消費されるわけなので体に蓄えないわけです。

 

もちろん、心臓などの臓器が動くのにも脂肪とタンパク質を分解しエネルギー源としますのでみるみるうちに痩せるわけです。

 

そして、糖質制限ダイエットを行う上で最も大事なポイントが2点あります。

 

 

1つ目は一食につき糖質20グラムに抑えること。

 

これは上で述べたようにインスリンを出さないためです。

 

2つ目は脂肪よりもタンパク質を多く摂ること。

糖質がないため体は脂肪とタンパク質を分解しエネルギー源とします。もちろん脂肪の分解量の方がタンパク質より多いですが筋肉は基礎代謝の低下にもつながりますのであまり減らさないのがベストです。

 

私がこのダイエットを行って一番お世話になった食べ物はコンビニなどでうられているサラダチキンです。

そのままでもおいしいですよ?笑

 

では~

広告を非表示にする